採用情報

社員の声

VOICE.03 コミュニケーションデザイン局 U.K. 2007年入社

これが私の仕事

クライアントの課題に対して、横断的なソリューションを提案する仕事です。
市場分析、課題の洗い出し、生活者に届けるメッセージとその手段 (媒体)、コンテンツとの組み方などなど、企画の核になる部分を、他の部署と話し合いながら組み立てています。いつも、クライアントの商品やサービスに接する人の気持ちを動かすようなソリューションが何なのかということを考えたいと思っています。
また、クライアントへのプレゼンテーションも大切な仕事の一つです。チームで練り上げた企画書を、満を持して提案する瞬間は、プランニングの中でも大事な局面です。

Q1
仕事をしていて忘れられない思い出は?

自分もぜひやりたいと思っている企画にクライアントも賛成していただき、一緒に盛り上がる瞬間です。
企画を考えていて、広告に接した人の表情を思い浮かべてニヤニヤしてしまうことがあります。そういう企画に対して、クライアントも同じ気持ちで盛り上がっていただけるとすごく嬉しい。自分も、クライアントも、一人の生活者だということを忘れないでいたいと思っています。

Q2
あなたにとって電通九州とは?

ヒト的にもコト的にも、チャンスや刺激が多い会社だと思います。
他業種の友人と話していると、「面白い人が多い」と言われることもあります。たくさんの人の気持ちを扱う仕事なので、常々面白い事を考えている人が多いからだと思います。
また、東京などに比べるとのんびりとした住環境にいながら仕事ができるので、羨ましがられます。通勤が楽ですし、ご飯が安くても美味しいのは、九州の良さだと思います。

Q3
仕事をしていくうえで大切にしていることは?

素直に受け取ることだけでなく、疑う部分を少し持つように気をつけています。
いつもは素直な気持ちで課題解決の糸口を探りますが、疑う目を持ってみると、常識になってしまっているけれどもっとよくできるはずの事を見つけられることもあります。クライアントに「役に立った」と思っていただけるよう、通例にとらわれない最適なご提案を目指しています。

Q4
オフの過ごし方は?

廃墟や巨大な構造物、建築物を見ること。