採用情報

社員の声

VOICE.04
コミュニケーションデザイン局 T.H. 2000年入社

これが私の仕事

僕の職種は「コピーライター/CMプランナー」ですので、コピーや企画を考えながら、CMやグラフィック、ネーミング等、広告表現の制作にかかわるのが主な仕事です。最近は、コンセプトメイキングやプロモーション、WEB制作等の業務に絡むケースも増えてきています。
社内外で多種多様な人達と接する機会がありますので、コピーや企画のスキルはもちろんですが、それと同じぐらい、コミュニケーション力も大切だと思います。「じゃあお前は社交的なのか」と問われると、僕自身、全く社交的ではないのですが、それを自覚して、いちおう努力はしているつもりです…。

Q1
仕事をしていて忘れられない思い出は?

なぜか辛かったことばかりです。怒られたり、酷い目にあったり、寝られなかったり、逆に寝過ごしたり、コピーが書けなかったり、企画が浮かばなかったり、逆にすごいと思った企画を全否定されたり、賞がとれなかったりしたことは、やっぱり忘れられません。
そして、そういった時代にお世話になった方々、励ましてくれた方々のことも、また忘れられません。

Q2
あなたにとって電通九州とは?

ひとことで言うと、育ててもらっている場所だと思います。
僕は今でもダメなところがいっぱいありますが、若い頃は今にも増して本当にダメダメ人間でしたので…。コピーどうこう、企画どうこう以前に、社会人として全くなっていなかった僕は、いま思うと、すぐに見捨てられてもおかしくなかったと思います。そんな僕を、根気強く指導していただいて、根気強く叱っていただいていることを考えると、電通九州はずいぶん懐が広い会社だなと思います。

Q3
仕事をしていくうえで大切にしていることは?

とにかく面白がることです。
やっぱり作り手が心から面白がることが、いい広告表現を作る上での大前提だと思うので。もちろん心から面白いことはなかなか思いつかないので、毎回大変ではありますが…。

Q4
オフの過ごし方は?

休みの日はできるだけ家族と過ごし、頭を空っぽにして子供たちと遊ぶようにしています。ちなみに威張っていうことではないですが、趣味は全くありませんし、家具やインテリア、住まいや車等にも全くこだわりがありません。「クリエーティブ」という職種ではありますが、僕自身は全くクリエーティブな人間だとは思っていません。でも、そんな僕でもなんとかやれていますので、「クリエーティブ」という職種を特別視せず、「世の中を驚かせたい」「面白いことをやりたい」と思っている人には、どんどん来てほしいと思っています。