実績紹介

商品・ブランドの可能性を最大化する。

福岡県の製パン会社フランソア、なかでも「スローブレッド」は天然酵母100%、天然素材100%、国内産小麦粉100%で製法するパンブランドで、九州地方を中心に、顧客から高い評価を得ています。

電通九州は、この「スローブレッド」という商品・ブランドが持つ可能性を最大化するために、商品同様、品質にこだわった広告を企画しました。

この「スローブレッド」の事例に限らず、電通九州では、単に商品やサービスの広告を制作するだけでなく、商品・ブランドの価値は何なのかという定義づけと、その価値を伝えるための表現についてクライアントと一体となり、考え抜きます。

スローブレッドの場合、その本格的なパンブランドの世界観をつくりあげるため、商品と同じように、手間ひまかけて、フルアニメーションで描くことを考えました。
本物感や、独自性を際立たせるために、外部の有名な作画監督にアニメーションを依頼。
時には海外をシナリオハンティングし、舞台となる街や店など細かく設定をつくりあげました。

天然酵母は目に見えず、例えば「ルヴァン種」といった新たな製法も聞きなれない専門用語。
それらに対して、より親しみを持ってもらい商品と生活者の距離を縮めるため、キャラクター化・可視化するという結論に至り、CMではそれを描きました。

商品・ブランドの持つ価値を最大限理解したうえで、表現に落とし込むにより、その可能性を最大化しています。

実績紹介一覧へ戻る