事業内容

  1. TOP
  2. 事業内容

Integrated Growth Partner

創造力と実現力でビジネストランスフォーメーションを牽引し、
顧客企業・社会の持続的成長パートナーとして、社会課題の解決に貢献する。
さらに、企業・地域社会のまだ見ぬポテンシャルを発見し、
そのポテンシャルに新たな光を当て、新しい価値を創造する。
その願いを実現するための、組織体制をご紹介します。

Business Produceビジネスプロデュース局

ビジネスプロデュース局は、
新しく生まれ変わりました。
an invitation to the never before.

これまでのように「クライアントから広告業務を受注し実施する」から「クライアントの事業そのものをプロデュースする」そういったイメージです。
また、これまでにない新しいビジネスにチャレンジする、クライアントとクライアントをつなげて新しい価値を生み出すなど、アイデアと情熱があれば何でもやれる、そんな組織を目指しています。

九州7県に根を張り、九州の発展に向けて行政との取り組みや新規領域にも積極的にチャレンジしながら、これまでの古い営業スタイルから脱却し、一人一人がビジネスプロデューサーとして、もっと自由な発想、もっと広い領域で活躍できる、そんなビジョンを掲げて日々取り組んでいます。

ですので、“できること” は無限です。
本人がやろうと思えば何でもやれる、これがビジネスプロデュース局です。

これからの時代は、過去のやり方にこだわっていたら取り残されてしまいます。ビジネスプロデュース局は、過去にとらわれず、常に新たな視点でビジネスを創造する、失敗を恐れずチャレンジし続ける、そんな感性を持った人の集まりであり、そんな仕事に取り組んでいます。

生まれたばかりのビジネスプロデュース局ですが、九州のみなさんと一緒に新しいビジネスにチャレンジし、是非、共に新たな歴史をつくっていきましょう!

mediaメディア局

人生を豊かに出来る仕事がある

メディア局に受け継がれてきた大切な言葉があります。
「しきり」です。
クライアントにとっての最適な広告計画立案を「しきる」
広告の値段を最安値で「しきる」
番組制作、編集企画をとり「しきる」などなど。

そんなマス4媒体が中心となっていた時代の変遷を経て、
メディア局は、今やボーダレスとなった、ありとあらゆるメディアでの仕事が主戦場となりました。
つい最近までの電通九州は、テレビ業務の比重が比較的高い会社でしたが、今や、そのノウハウをもとに、各種デジタル広告のプランニング・運用、SNSプロモーション、及び動画コンテンツの制作、配信など、オフラインメディアとオンラインメディアの仕事の境目が、完全になくなりました。
ネット専業代理店には不可能な、オン・オフの統合・共創が最大の強みです。
もちろん、メディアを最安値で「しきる」ことの伝統も、局員全員に引き継がれています。

さらに言えば、仕事の中身も、広告代理店だから「広告の業務がメイン」という単純な状況ではなく、昨今の一例でいうと、「メガプラットフォーマーに負けない、地域ならではのプラットフォームを、メディア、クライアントを巻き込んで共創」したり、「YouTuber以上の価値ある動画コンテンツ作りを目指す」局員もいるほどです。
映画を作ることも、プロスポーツチームと一緒になって何かをやりとげることも、「人生を豊かに出来る」ことであれば、すべてが我々の仕事です。

「東京からしか新しいものは生まれない」そんな常識は捨ててください。
九州でも、どこにいても、「人生を豊かに出来る」事の喜びを、メディア局は、今改めて実感しています。

Integrated solutionインテグレーテッド・ソリューション局

コタエはいつも“YES”です。

クライアント企業の課題、地域の課題、社会の課題をいろいろなカタチで解決するのが私たちの仕事です。
「これって誰に相談すれば良いの?」そんな課題でも、たとえ答えがなさそうな問題でも、
私たちのコタエはいつも“YES”。

何かしらのコタエや解決の糸口を探しだします。課題にとことん向き合い、
変わりゆく世の中の価値観や行動様式を踏まえ、新しい価値を創造していきます。

生活者にワクワクしてほしい。前向きな世の中にしたい。
“NO”ではなく“YES”と言える時代にしたい。そんな気持ちで仕事をしています。

プロモーション領域

アクティベーション・プロデュース部
スポーツ&プロジェクト部
建築・警備管理部

私たちは、世界規模の大型イベントから地域に密着したローカルイベントまで、数多くのイベントのお手伝いをしています。スポーツの世界大会、市民マラソンや各種シンポジウム、店頭での販促展開などのほか、現在ではオンラインで自治体や企業、商品を生活者に繋いでいます。人と人の距離の考え方が新しくなった時代だからこそ、ココロの距離を近づける「企み」を仕掛けて、クライアントの課題を解決していきます。

デジタルマーケティング領域

マーケティング・イノベーション部
DXセンター

マーケティングは「ひとのニーズに応えること」であり、「売れるしくみをつくること」です。私たちはマーケットとそこに生活する人々を徹底的に分析し、その姿を見える化して、最適なアプローチ方法を提案します。デジタル分野では最新のテクノロジーと人材でオンラインとオフラインを統合しながら科学的に戦略を仕掛けます。DXは世の中を変えます。私たちはデジタルで企業や社会が変わるお手伝いをします。

ダイレクトビジネス領域

ダイレクトマーケティング部
ダイレクトクリエーティブ部

ダイレクトマーケティングは、企業と顧客が1対1で直接的なコミュニケーションを図る双方向のマーケティング手法です。顧客の反応やレスポンスを踏まえ、PDCAを科学的な視点で回しながら顧客のニーズに合わせたアプローチをします。流通がよりダイレクトになる中、通信販売では、顧客に「最も響く」クリエーティブで、「最も売れる」マーケティング方法を提案します。私たちは新しいチャレンジを考えている企業の味方です。

クリエーティブ領域

クリエーティブ・ディレクション部
クリエーティブ・イノベーション部

私たちは、言葉とデザインのチカラで人々や世の中を動かします。今や視覚や聴覚だけでなく五感すべてに訴えてモノやコトを作り出します。そこには「仕掛け」という企みも交えながら。昨今、「デザイン経営」という言葉に象徴されるように、企業にとってクリエーティブの重要性が高まっています。クリエーティビティとアイディアを事業に活かす。広告のみならず商品開発から新規事業まですべてが私たちの守備範囲です。